日本酒「明延」

皆様こんばんは~!

先日はこちらにお邪魔してきました。

純米酒「明延」の蔵出しと、純米吟醸酒「仙櫻」の蔵入れ式。

テープカット✂️

お酒を作ってる山陽盃酒造さん、養父市の副市長さん、明延の区長さんなどによるテープカット。

令和初の式典に、テレビカメラや新聞各社がたくさん来てました!

そしてそして、こちらが蔵出しされたばかりの「明延」

トロッコに乗せられて搬出されます

「明延」は、養父市大屋町で作られた蛇紋岩米(兵庫北錦)と山陽盃酒造がある宍粟市のお水で仕込まれた純米酒。

年間を通して12℃前後の鉱山の中で、1年間熟成されます。

こちらは「仙櫻」

この後この棚にギッシリ仙櫻が並べられます

「仙櫻」は、養父市大屋町で育った有機無農薬の蛇紋岩米(兵庫北錦)と、氷ノ山の湧き水で仕込まれた純米吟醸酒です。

鉱山の中では、半年間熟成されます。

さっそく試飲!!!

おつまみ付きで嬉しい!

蔵出しされた「明延」は、どっしりとした辛口。

1年間熟成されただけあって、コクのある奥行きを感じる味わい。

蔵入れまえの「仙櫻」は、フルーティーだけどまだ若々しい。

これが半年間熟成されて、どう変化するのか楽しみです!

今年も大量に仕入れて帰ってきましたので、皆様もぜひ味わってみてください!